TOP





きままな山登り 83 (奥秩父)

クモトリヤマ
2010/06/12
東京都
雲 取 山

日本百名山(花の百名山)
標高2017m
高山植物の記録

雲取山登山鴨沢コースはのびやかな尾根が続く!!








雲取山標高と時間




雲取山鴨沢コース地図



雲取山の花

深山桜
黄花の駒の爪
山躑躅
東国三葉躑躅
蓮華躑躅
秩父灯台
葉団扇楓
鍬形草
二人静
笹葉銀蘭
深山繁縷
崑崙草
金瘡小草
三葉土栗
丸葉空木
額空木
蛍 袋
蝮 草
小米空木


アクセス情報
      自宅−八王子ー(青梅街道)国道411号ー奥多摩湖に沿っていく!!
      鴨沢バス停ーすぐ先の細い急な坂道(雲取山登山口)右折−小袖乗越

      奥多摩町観光産業課 0428-83-2112 雲取山荘0494-23-3338
      道の駅たばやま 「のめこい湯」電話 0428-88-0026 大人 600円
日   程   2010/06/12  出発AM4:30--20:00時帰宅
参加 人員  ミッキー・実仁♪2名
駐 車 場  小袖乗越付近 路肩駐車他に数台の駐車場あり。
携 帯 品  携帯電話、1日分食料、地図、コンパス、ストック、カメラ、雨具、水1.L
雲取山山頂標高2017m
雲取山山頂 標高2017m
雲取山山頂
雲取山山頂
雲取山、山頂風景
山頂風景
山頂はあまり広くない

登山道カヤト尾根からの眺望!!


6:20
小袖林道は
数台づつ駐車する
6:50
雲取山登山口
熊出没注意の看板
が有ります、鈴を
つけて出発します

登山道は東側を
巻いて行く。
耕作地や
廃屋があります。
山躑躅が緑に冴え
美しい。
9;05
堂所"
ドウドコロ"
尾根の直下左右に
巻いてマムシ岩へ
9:35
"七ツ石小屋"分岐
まき道、丸木橋を
渡り巻いて進む !!
10:15
ブナ坂
緑濃く、広々した
山の十字路です !!
ここで休憩します
上の「拡大」
”石尾根縦走路”
雲取山方向へ登る
カヤト尾根を 登り
ます。
三葉躑躅や 深山桜
”丸葉岳蕗が一面”
雲取山ヘリーポート
テント禁止!!

11:20
奥多摩小屋到着
宿泊可で自炊の小屋
水場は下に有ります
テント場トイレあり
奥多摩小屋付近は
お天気が良ければ
富士山、大菩薩や
飛龍山の眺望あり
富田新道分岐
急な登りが続く!!
”雲取避難小屋”が
見えてきた。
あと少しの登りだ!!


山火事を防ぐために
一定の幅に樹林帯が
切り開かれた防火帯
の登山道です。
”雲取山避難小屋”
トイレあります
”石尾根縦走路”
山頂雲取山荘
と三条ダルミ方向
に三分岐する。
12:30
"雲取山山頂"
標高2017m
東京都埼玉県山梨県
三県県境の山です。
山頂風景
”山スカ女子”が
何人もいました!!
三角点が三個ある
最新の三角点??
少しずれている

虫が大発生中
昼食しすぐ下山する

13:00
下山開始
天上のプロムナードを
降りていく急降下です
14:00
ブナ坂到着
ここで一休みする
七ツ石小屋分岐
七ツ石小屋方向へ
14:40
"七ツ石小屋到着"
雲取山バッチ購入
つめたい水場や!!
トイレが有ります
蓮華躑躅が美しい
往路をひたすら下る
スギ林の間から
わぁ車道が見える!!
大きなリスに出会う

17:15
雲取山登山口到着
登山口では丸々と
した子ダヌキに
出会いました....!!


       2010年06月12日 (土)晴れ、15℃微風、山頂はやや曇り

 東京で一番高い山で、家からも遠くない山、どんなお山かなぁと、のびやかな山容と
都心に近いため、たくさんの登山者でにぎわう、家族向きの山である事がわかりました
山岳マラソン、マウンテンバイクが山頂まで!!登り方もいろいろあるなぁとびっくり !!
野草はやはり鹿の食害が有るようで鹿の嫌いな植物が多い山でした。
山頂が霞んで、富士山、大菩薩、飛龍山などが眺望出来なくて、ちょっと残念!!
東京都、埼玉県、山梨県、の県境の山はちょっと健脚向き、待望の雲取山に満足です。

「注意!!この季節虫が大発生します。虫よけネット、虫よけシールなど必需品です。」
                
               ミッキー  実仁♪  




Photo by Mickey & Minnie