TOP




きままな山登り 53 (関東・甲信越)

みずがきやま
山梨県北杜市
瑞 牆 山

日本百名山
標高 2230m
高山植物の記録

奥秩父の奇岩の名峰「瑞牆山」は東石楠花が咲き競う!!





   瑞牆山地 図 
瑞牆山地図
時間と標高
時間と標高

瑞牆山の花

東石 楠花・蓮華 躑躅・小瓔珞躑躅・東国三ッ葉躑躅・黄花の駒の爪・蝦夷 立坪菫
小深山傍食・竹縞蘭・雲居小桜・舞鶴草・白花の蛇苺・三葉土栗・笹葉銀蘭・酢実


-----------------------------------------------------------------------------
  車で---------中央高速・相模湖IC→中央高速須玉ICー増富温泉郷ー瑞牆山荘
        無料駐車場   瑞牆山荘から右折100m先に大駐車場100台駐車可
        北杜市観光商工課 0551-42-1111   瑞牆山荘HP 増富の湯HP

日   程   08/06/14  出発AM3:00--PM8:00
参加 人員  ミッキー・実仁♪2名
駐 車 場  無料   瑞牆山荘前右折大駐車場100台
携 帯 品  携帯電話、1日分食料、水1L、地図、コンパス、ストック、カメラ、雨具
天   候  晴れ、気温15℃

瑞牆山山頂から大ヤスリ岩
瑞牆山山頂から大ヤスリ岩
瑞牆山山頂2230m
瑞牆山山頂2230m
東石楠花
大ヤスリ岩下の東石楠花

富士見平小屋周辺
富士見平小屋周辺(金峰山分岐)


登山者用無料駐車場
6:00
瑞牆山荘から右折100m先
無料駐車場100台駐車可
瑞牆山荘 6:40
瑞牆山荘
登山口は瑞牆山荘の前から
スタートします。

登山道はゆっくり! 登山道は急な登りの階段
や林を進むと林道に出る
林道を横切り登りきると
開けてくる。
瑞牆山の撮影ポイント 最初のベンチ
瑞牆山の撮影ポイントです

あの岩登るのぉ--がくっ!
富士見平のミズナラ林 「やまなしの森林100選」
富士見平のミズナラ林です
富士見平小屋 7:45
富士見平
金峰山と瑞牆山の分岐です
富士見平小屋、があります
新しいトイレが出来ました
富士見平テント場
富士見平テント場
このテント「早大山研38」
と書いてあります。
テントの主はすでに瑞牆山
か金峰山に向ったようです
瑞牆山方向へ 瑞牆山方向に樹木に囲まれ
た道を行く急勾配になって
下りきった所が天鳥川。

天鳥川 8:15
天鳥川は数歩で渡れますが
雨の後など水量を増し渡れ
なくなる事があります。
桃太郎岩 川を越えると広場とベンチ
山頂まで、休憩ポイントは
ありません。
しっかり休みましょう。
「桃太郎岩」です。
岩場の斜面を登る登山者 岩場についたロープを伝い
登るロープが濡れていて
手袋が濡れる。
先の登る登山者は必死です
斜面にロープ またまた斜面にロープが
岩が濡れて滑る気をつけて
三点確保で登ります。
登山道 岩や木につかまりながら登
ります「石楠花」が綺麗に
咲いた登山道です。

大ヤスリ岩 大ヤスリ岩が見えた岩を巻
き込みすり抜ける。
あれより高く登るのだなぁ
梯子 壊れかかった梯子を登ると
少し平らなところに出る。
山頂まで10分 小川山林道と合流する。
瑞牆山まで10分の標識です
元気なお二人 あと10分と言っても
最後の岩をロープをたより
に登る。

山頂から降りてくる元気な
お二人お先にどうぞ---。

ロープで下りる 降りる時足が届かないな
まず女性が降ります。
山頂の東石楠花です 岩をのぼると小さな梯子が
あります。
ぱっと開けて頂上です。
石楠花がたくさん咲いている
日本百名山瑞牆山山頂 10:05
日本百名山瑞牆山山頂です
標高2230m
MickeyとMinnie わぁい着いた
ミッキーと実仁♪です後ろ
断崖絶壁です。
大ヤスリ岩 腹這いになり覗いて写した
大ヤスリ岩です。
山頂の眺望 あまり広く無い山頂こちら
の山は八ヶ岳の眺望です
眺望を楽しみながらの昼食
です。

10:40 下山開始
同じ登山道を引き返します
母と子 ママと坊やまだ幼稚園かな
山頂付近を下山中です。
根性のある親子ですね。
登山道 石楠花咲く登山道はこんな
感じです。
富士見平分岐 13:10
富士見平到着あと30分です
ここで一休みする。
富士見平の学生さん 13:20
とても学生さんが多いなぁ

富士見平出発
瑞牆山荘まで下ります。
路肩駐車の車 14:00
瑞牆山荘到着 
今朝駐車場はまだまだ余裕
でしたが、路肩駐車です
お疲れさまでした。



          2008年06月14日(土)晴れ気温10℃ー15℃
瑞牆山は、以前にも登ったことがありますが、今回は美しい石楠花の登山道が素晴らしく
とても気分よく登れました、ただ富士が霞んで見えなかったのが残念ですが。秩父山地の最西端のヨーロッパアルプス的雰囲気で、尖った山容と岩場が多く登ったなぁと言う実感がある山で。あちらこちらに大きな岩がバランスを保って立っています。又何よりも今年最高の天気に恵まれ嬉しかったです。        
                ミッキー 実仁♪ 



Photo by Mickey & Minnie