高山植物索引へ



高尾山・城山・小仏の花3-4月



08/03/12ー29
ミミガタテンナンショウ(耳型天南星 )

Arisaema limbatum
サトイモ科 テンナンショウ属




林下などに生え、 春に開花してひょろと細長い。葉が花より遅い 花が耳たぶ状になることから。

ミミガタテンナンショウ(耳型天南星 )
08/03/29高尾山





ヒメカンスゲ(姫寒菅)
Carex conica Boot カヤツリグサ科 スゲ属      
ヒメカンスゲ小型で常緑性のスゲである。スゲ類にしては目立つ花をつける。

 葉が細く、苞の鞘に赤褐色のスゲを見たら、ヒメカンスゲと思って良いでしょう。

ヒメカンスゲ(姫寒菅)
08/03/29高尾山





ヨゴレネコノメ(汚れ猫の目)
Chrysosplenium macrostemon var. atrandrumユキノシタ科 ネコノメソウ属

イワボタンの変種でイワボタンに似るが、萼裂片は直立し、雄蕊は4−8個、葯は暗紅色。
花糸、花盤なども紅紫色を帯びる、花期 3−4月分布・本州(関東地方以西、四国、九州

ヨゴレネコノメ(汚れ猫の目)
08/03/29裏高尾





キクザキイチゲ (菊咲一華)

Anemone pseudo-altaica  キンポウゲ科 イチリンソウ属
 早春の頃に山地の林の下や草原に生える。花の色は紫、薄紫、白色がある。
萼片は花びら状10−13枚根生葉は2回3出複葉で、小葉は深く裂ける茎葉は3枚輪生

キクザキイチゲ(菊咲一華)白
キクザキイチゲ(菊咲一華)薄い青
キクザキイチゲ(菊咲一華)薄い青
08/03/29裏高尾






ユリワサビ(百合山葵)
Wasabia tenuis
 アブラナ科 ワサビ属 
 山地の谷沿いや湿気の多い森林に生え小型の多年草。13cm-15cmの茎を数本立て先に
短い総状花序を出し白色の小さな 十字状の花をつける
蕊が黄色で目立つ。裏高尾日影沢

ユリワサビ(百合山葵)
08/03/29裏高尾





セントウソウ(仙洞草)
Chamaele decumbens
 セリ科セントウソウ属
北、九山野のやや湿ったところに生えています。根生葉で、紫色を帯びた長い柄があり、

1-3回3出複葉です。3ー5月ごろ、花茎を伸ばして先端に複散形花序の白い小さな花をつける

セントウソウ(仙洞草)
08/03/29裏高尾





ヤマルリソウ (山瑠璃草)ピンク
Omphalodes japonica Omphalodes ムラサキ科ルリソウ属

山地のやや湿ったところに生える。 淡い青色の小さい花が咲く。 裏高尾日影沢

ヤマルリソウ (山瑠璃草)
(山瑠璃草)ブルー
ヤマルリソウ (山瑠璃草)
08/03/29裏高尾





ミチタネツケバナ(道種漬花)
Cardamine hirsuta  アブラナ科
乾燥したところに生える「帰化植物」です。花弁は2-3mm
花が終わったあと細長い長角果が上にのびるためわかります。

ミチタネツケバナ(道漬付花)
08/03/29裏高尾





コチャルメルソウ(小哨吶草)
Mitella pauciflora  ユキノシタ科 チャルメルソウ属
渓流沿いに咲く根生葉は卵円形高さ20-30cm先に2-10個の花をつける。本、四、九
果実が楽器のチャルメラに似ているところから名づけられたチャルメルソウの仲間です。

コチャルメルソウ(小哨吶草)
08/03/29高尾山





 アブラチャン(油瀝青)
Parabenzoin praecox クスノキ科 クロモジ属
名の由来 種子や樹皮の油を灯火に使ったため。チャン(瀝青)はビッチやコールタールのこと

アブラチャン(油瀝青)
08/03/29高尾山





不明日影沢の裸木


08/03/29高尾山





エンレイソウ(延齢草)
Trillium apetalon ユリ科エンレイソウ属
山地のやや湿り気のある林の中に生える多年草です。茎の先に 3 枚の葉を輪生し
その先から花柄を出して花をひとつつけます。りん片葉は外花被で、内花被はないことが多いです。

エンレイソウ(延齢草)







08/03/08 高尾山の同じコース





ハナネコノメ (花猫の目)

Chrysosplenium album var. stamineum  ユキノシタ科 ネコノメソウ属
ネコノメソウの仲間はどれも目立ちません、この種は萼片が白いので美しい猫の目草で
シロバナネコノメ変種です、花びらは無く白い4枚の萼片と蘂の先の葯は暗紅紫色で目立ち
花径5-8mm他の野草に先駆けて3月初め、渓流沿いの苔むした岩の上や湿った林下に花を咲かせます。

ハナネコノメ (花猫の目)

ハナネコノメ (花猫の目)

ハナネコノメ (花猫の目)

ハナネコノメ (花猫の目)
08/03/08高尾山麓



ヤマネコノメソウ(山猫の目草)
Chrysosplenium japonicum ユキノシタ科ネコノメソウ属 
林下に生える、山猫の目草は中間の葉が互生です、猫の目草は葉が対生する。
全体に長い毛が散生する。花弁ののない緑の花を付ける花後、紫いろの玉牙(ムカゴ)をつくる。

ヤマネコノメソウ(山猫の目草)
08/03/08城山小仏峠下



アズマイチゲ(東一華)
Anemone raddeana
キンポウゲ科 山麓の土手などに生える多年草です。一本の茎に一つの花を
咲かせるので、一華と呼ばれます。華の下にある茎葉は 3 出複葉で三枚が輪生しています。

アズマイチゲ(東一華)

08/03/08高尾山麓




ミヤマシキミ(深山樒)
Skimmia japonica  
ミカン科ミヤマシキミ属
まだまだ早春の硬い蕾です。
3-5月に5-6mmの小さな花を多数付ける。雌雄異株でシキミと同じく、秋の赤い実は有毒です。

ミヤマシキミ(深山樒)
08/03/08高尾山



アオキ (青木)
Aucuba japonica ミズキ科アオキ属
常緑低木 日本特産。樹高1-2m、葉身は倒卵状楕円形から長楕円形で長さ10-20cm
葉の表面は濃緑色で光沢がある。葉縁は粗い鋸歯。 果実は赤色、楕円形で長さ2cm。
本州、四国東部。 花期 3-5月、果期4月ごろまで。雌雄異株で、雄花、と雌花がある。

アオキ (青木)
08/03/08高尾山







Photo by Minnie & Mickey