TOP


きままな山登り39 (関東・甲信越)

ホウオウサンザン
山梨県
07/09/22-23
鳳 凰 三 山
地蔵岳
2764m
観音岳
2840m
薬師岳
2780m
標高2840m
高山植物の記録
**** 白砂と花崗岩の山稜が続く鳳凰三山と象徴オベリスク  ****






鳳凰三山地図
鳳凰三山地図
1日目9月22日
1日目9月22日
2日目9月23日
2日目9月23日

鳳凰三山の花


高嶺ビランジ
鳳凰沙参
裏縞躑躅
裏白七竈
山蛍袋
峰薄雪草
白鬚草
岩茵陳
北沢附子
深山大文字草
小葉の小米草
塩竈菊
竜 胆
山母子
大 薊
晒菜升麻
白山菊
秋の麒麟草
黄 苑
野紺菊
関屋ノ秋丁字
白根川きゅう
亀葉引起
富士薊
信濃撫子



アクセス情報
重要です。カーナビで行くと旧道(小武川林道)を道なりに、長い狭い林道を走ることになり
ますが、青木鉱泉
駐車場には着きます。

新道はこちらです。少し行くとほぼ舗装されています。
車で相模湖IC→ 中央高速韮崎IC出て左折→トンネル→国道20号に突き当たり右折→約5分程で
左側の桐沢橋を渡る→突き当たり右折→射撃場を過ぎる→突き当たりを左折→原山神社を右折
→そのまま30分一本道で青木鉱泉へ(途中看板あり)-------青木鉱泉駐車場100台駐車可です

青木鉱泉公式サイトこちらです。新道地図はHPを参考にしてください。
お世話になった 鳳凰小屋公式サイトはこちら。
日   程   7/09/21-22-23  出発 21日 PM11:00--23日 PM9:00時
参加 人員  リーダーもけけさま・ミッキー・実仁♪3名
宿 泊 地  鳳凰小屋(7500)×2 リーダーはテント泊
駐 車 場  青木鉱泉駐車場(一日700円)×2
携 帯 品  携帯電話、1日分食料、地図、コンパス、ストック、カメラ雨具、水1.5L


地蔵岳2764m のオベリスク

地蔵岳2764m のオベリスク
聳えるオベリスク
聳えるオベリスク
薬師岳山頂2780m のケルン
薬師岳山頂2780m のケルン
ウラジロナナカマド(裏白七竈)の群生
ウラジロナナカマド(裏白七竈)
ウラシマツツジ(裏縞躑躅)の草紅葉
ウラシマツツジ(裏縞躑躅)の草紅葉
07/09/23観音岳白い砂礫地




1日目9月22日
夜中2時過ぎ 青木鉱泉駐車場
到着する。キャンプ場の水場
で洗顔、トイレなど使用可能

5:30 3人でスタートします

青木鉱泉
唐松に囲まれたい温泉宿で
ドンドコ沢コースのべース
になっている。


ドンドコ沢登山道
川沿いコースと山側コース
分岐、川沿いコースを行く。
小武川を左に
ドンドコ沢川を進んで行く
小武川第三砂防堰堤工事現場
の脇を通行する。
右手の沢に入る急激な登り
リーダーは視界から消える
数人グループが先になる。
その後を行く。
気がつくと急な沢にまん中
登山道を見失う.....。上へ
目印の赤い印発見
山沿いコースに出ていた。
後でリーダーに
「迷ったら元に戻る」のが
鉄則だそうです。

登山道を見つけペースが戻る
川沿いコース合流地点を過ぎ
あぁ
時間を無駄にしてしまった。


8:40
南精進の滝到着リーダーに
出会った人を捜す。
11:00
白糸の滝水音が激しく響く
11:30
南アルプス国立公園の
五色の滝です。
広場がある休憩にいいな

鳳凰小屋まで100mの標識
オベリスクが見え始めた。
13:20
鳳凰小屋到着ふううぅ、
リーダーはテントを張り
2時間も待ったそうです。
再会出来て感激.....です。
宿泊手続きし後のんびり
くつろぐ。
鳳凰小屋前
ドンドコ沢・御座石鉱泉
地蔵岳分岐の標識です。


鳳凰小屋は水が豊富です
特に夕食は自慢のカレー
が美味しくて。お代わり
自由
です。
2日目9月23日
鳳凰小屋の朝の様子です

5:30
小屋のご主人に見送られ
3人 でスタート地蔵岳へ
じかに観音岳に登る人は
近道の梯子を登っていく。
鳳凰小屋から樹林帯を抜け
砂礫の斜面を登るミッキー
と実仁♪
6:30
地蔵岳到着
鳳凰三山のシンボル 地蔵岳
オベリスクは200メートルの
花崗岩で、素晴しい眺めです
賽ノ河原は白砂に地蔵尊
が安置されています。
7:00
地蔵岳出発
南アルプス国立公園地蔵岳
山頂2764m
北岳 甲斐駒が目前にせまる
白砂の鞍部をサクサク進む
観音岳めざすが進まない....
7:45
鳳凰小屋分岐
鳳凰小屋まで30分近道です

観音岳へ最後の登りです
8:50
観音岳到着
ミッキー地蔵岳方向撮影中
観音岳山頂2840鳳凰三山の
主峰です、お天気が良れれば
白峰三山、甲斐駒、富士等の
感動の光景が広がるのですが

観音岳二等三角点です。
観音岳のミッキーと実仁♪
鳳凰三山の最高峰です。

薬師岳へ白砂の庭園を進む
9:30
薬師岳は2780mは石庭の
ような美しさ。
いつまでも遊んでいたい

しばらく休憩する。
薬師岳山頂の3人です。
9:50
薬師岳から中道下山開始。
青木鉱泉の目印ここから
下ります。
標高差1800mです
10:40
御座石到着、大きな石を
リーダ-重そう......。
両脇が熊笹の登山道が続く
13:40
薬師岳登山口
薬師小屋の案内と体力に
自信のない人は無理せず
引き返しましょうと記載。
14:00
中道分岐到着
一般道を青木鉱泉に向かう

青木鉱泉近道
増水時は青木橋を回る。
14:20
青木鉱泉到着
青木鉱泉はひなびた温泉
温泉に入浴さっぱり帰途
につく、
おつかれさまでした.....。


              登山後記7年09月22-23日
 鳳凰三山 登山21日(金)夜旧道の(小武川林道)をカーナビを頼って入り悪路を長く
走行しやっと青木鉱泉駐車場に着くこと出来ました。最近舗装した新道が開通しています
帰りは新道を利用しました。1日目は 元気にドンドコ沢「沢沿いコース」を行きましたが
二人だけ登山道を見失い、幸い山沿いコースに出て、鳳凰小屋でリーダーと再会しました
ドンドコ沢は沢の取りつくところは、他にも道を見失い川まで下ったと鳳凰三山のHPに書
かれていました。これからは、しっかり目印を確認して登ろうと反省しています.....。

2日目は地蔵岳、観音岳、薬師岳をまわり、美しい鳳凰三山を堪能しオベリスクに出会い
真っ白い砂の庭園。名残惜しいけど、「中道下山道」の長い急降下をどんどん下りました
再度花の季節に登り花と景色を再確認したいなと。決めています。来年かなぁ。


                 実仁♪ ミッキー





Photo by Mickey & Minnie