高山植物索引へ


常念岳の花

(下部亜高山帯-高山帯

トウヤクリンドウ 【当薬竜胆】
Gentiana algida

リンドウ科 リンドウ属
07/09/08


当薬(トウヤク)とは漢方薬のセンブリのこと。胃薬になるリンドウという事から
高山の砂礫地に生育する花茎の葉は対生し茎の先に鐘状の花が2-3個まとまって咲く。
淡黄色の花には、青緑色の斑点があり。高さ10-15cmで日が射さないと花は開きません。

トウヤクリンドウ 【当薬竜胆】
07/09/08常念岳山頂付近



ミヤマトリカブト(深山鳥兜)

Aconitum nipponicum ssp. nipponicum
キンポウゲ科 トリカブト属 花期 8月中-9月下旬 花色は紫 大きさ3cm

亜高山ー高山帯の草原や林の縁に生え50ー150cm分布は東北地方、北アルプス

ミヤマトリカブト(深山鳥兜)
07/09/09常念岳一の沢登山道



ゴマナ(胡麻菜)
Aster glehnii var. hondoensis キク科 シオン属
高さ1-1.5m多年草花期 9-10月茎や葉は細かい毛が生えている花2cm葉は短い柄がある
長楕円形で、荒い鋸歯がある。茎の先に多数花をつける。分布、北、本、四、九 登山道、樹林帯

ゴマナ(胡麻菜)
07/09/09常念岳一の沢登山道



ハンゴンソウ(反魂草)
Senecio cannabifolius  キク科キオン属
 本州中部以北,北海道に分布する,高さ 1 ー2 mになる大型の多年草です。
 花はキオン(黄苑)に似ていますが、葉が羽状に 3-7 深裂しているので容易に区別できる。

ハンゴンソウ(反魂草)
ハンゴンソウ(反魂草)
ハンゴンソウ(反魂草)
07/09/09常念岳一の沢登山道



チヨウジギク(丁字菊)
Arnica mallotopus Makino キク科 ウサギギク属 
高さ20-50cm 花径1cm花柄は長く、白い毛が密生する。丁字の花の形に似ているため
山地帯ー亜高山帯に8-10月谷沿いの湿った所に生える、別名:クマギク 一の沢登山道

チヨウジギク(丁字菊)
07/09/09常念岳一の沢登山道




ミヤマシシウド(深山猪独活)
Angelica pubescens Var.matsumurae セリ科 シシウド属
高さ0.5-1.5 花序径10-20cm 葉2-3回出複葉、葉柄の基部が膨らんで鞘状になり

茎を抱く。花は複散形花序に多数つける。茎も太く力強い。和名は独活の花に似て
いため、Angelica(天使)に由来し本属の植物に薬功、著しいものがあることを意味している

ミヤマシシウド(深山猪独活)
07/09/09常念岳一の沢登山道



オオヨモギ(大蓬)
Artemisia montana キク科ヨモギ属
花 期8-9月 山地に生える大型のヨモギの仲間。茎は多数枝分かれし高さ1.5-2m花は
頭花は円錐花序を多数つけ赤みを帯びて見える。葉は鋭く尖る、別名ヤマヨモギ 北海道、本州

オオヨモギ(大蓬)
07/09/09常念岳一の沢登山道



オヤマボクチ(雄山火口)
Synurus pungens) キク科ヤマボクチ属
高さ1-1.5m 花4-5cm 葉は15-25cm卵状長楕円形花期9-10月乾燥した毛を火種に用いた。

オヤマボクチ(雄山火口)
07/09/09常念岳一の沢登山道



マルバノリクラアザミ(丸葉乗鞍薊)
Cirsium norikurense var. integrifolium  キク科
 高さ1-1.5m 花径約3cm総苞片は長く反り返る、葉の裏に白い毛が密生する
花期8-9月山地帯、亜高山帯の林縁などの生える 葉が切れ込まない 別名ユキアザミ。

マルバノリクラアザミ(丸葉乗鞍薊)
07/09/09常念岳一の沢登山道



ラネセンキュウ(白根川芎)
Angelica polymorpha セリ科シシウド属
 別名:スズカゼリ(鈴鹿芹)
 本、九、朝鮮半島、中国東北部に分布、日光の白根山で発見され
薬用植物のセンキュウに似ているのでこの和名がついています。

シラネセンキュウ(白根川芎)

シラネセンキュウ(白根川芎)
07/09/09常念岳一の沢登山道



タマガワホトトギス(玉川杜鵑草)
Tricyrtis latifolia ユリ科ホトトギス属
花期7ー9月山地の沢沿い北海道、九州、花色黄色地に紫色斑茎の高さ40-80cm
花のつき方茎頂と上部の葉の脇ににつく、花びら外花被片3、内花被片3花の大きさ2-2.5cm

タマガワホトトギス(玉川杜鵑草)
07/09/09常念岳一の沢登山道



キンミズヒキ(金水引)
Agrimonia pilosa var. japonica バラ科キンミズヒキ属
 金色の小さな花のついた穂がきれい高さ30-80cm、花は6-11mm果実はかぎ状の刺がある

キンミズヒキ(金水引)
07/09/09常念岳一の沢登山道



ツリフネソウ(釣船草)
Impatiens textorii  ツリフネソウ科ツリフネソウ属
細い枝の先に花が吊り下がる、一年生草本植物である。 ムラサキツリフネ(紫釣船)とも呼ばれる。

ツリフネソウ(釣船草)
07/09/08常念岳登山口



ヤマハッカ(山薄荷)
Plectranthus inflexus シソ科 ヤマハッカ属
 高さ0.4ー1mの多年草。茎は四角形で、稜には下向きの毛がある。葉は対生し
長さ3-6cmほどの広卵形 で粗い鋸歯があり葉柄には翼がある。花期は9-10月で北・九

ヤマハッカ(山薄荷)
07/09/08常念岳登山口




ノコンギク(野紺菊)
Aster ageratoides var. ovatus 
キク科 シオン属
葉の裏に毛が有りざらざらしている。そう果には冠毛がある。花期8-11月
高さ50-100cm多年草, 花2.5cm平地や山地の林床 草原に自生、分布、本、四、九

ノコンギク(野紺菊)
07/09/08常念岳登山口



ソバナ(岨菜)
Adenophora remotiflora ツリガネニンジン属キキヨウ科

花期7-8月 山地花径2cm 長さ2-3cm弱 草丈約1m多年草葉は互生、楕円状卵型荒い
鋸歯が有る、花の先は 5裂先は尖る 萼ので被針形尖る花柱は花冠より突き出ず柱頭は3浅裂する。

ソバナ(岨菜)
07/09/08常念岳登山道




Photo by Minnie & Mickey