高山植物索引へ





木曽駒ヶ岳千畳敷カールの花


ミヤマクロユリ (深山黒百合)

Fritllaria camtsc hatcensisVer.alpina
ユリ科 バイモ属

クロユリは、高山北方型母種のクロユリが3倍体であるのに対し、2倍体草丈が低く
10−50cm先端に1−2個花を付ける花期・7−8月花径2−3cm広い漏斗形で5裂する。
高山に生育 分布・北・本州(中部以北)   木曽駒ヶ岳・千畳敷カール

ミヤマクロユリ (深山黒百合)



ハクサンイチゲ(白山一華)
Anemone narcissiflora キンポウゲ科イチリンソウ属
北海道、本州中部地方以北の高山の草地に生育花期7-8月 花色白色花径2cm
草丈15-20cm茎の上に数個の白い花をつけ花弁はありません。葉は掌状で、3−5の出複葉

ハクサンイチゲ(白山一華)



ウメバチソウ(梅鉢草)
Parnassia palustris
  ユキノシタ科ウメバチソウ属
夏−秋 山地や平地の湿地に生える多年草です。花は梅鉢の紋に似ています。
ウメバチソウ(梅鉢草)

ウメバチソウ(梅鉢草)



キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)
Viola biflora
スミレ科スミレ属
 7月中−8月中旬高さ5−20cm亜高山−高山帯の草原、礫地、
岩隙などに生える。分布 北海道、本州(紀伊半島以北)、四国(四国山地)、九州(屋久島)

キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)




サンカヨウ(山荷葉

Diphylleia grayi
花期6-7月 山地、亜高山地 高さ30-60cm葉10cm-30cm腎円形葉は蕗とほぼ同じか
少し大きく2まい付き上の葉は小さい、茎の先に6弁お花を数個白花をつける。
サンカヨウ(山荷葉)




ミヤマキンバイ(深山金梅)

Potentilla matsumurae
バラ科 キジムシロ属ハイマツが切れて日当りのよくなった場所に群生。
高山の礫地や草地、多年草高さ10-20cm茎は上部で枝分かれして先端に
花径2cmほどの黄色い花を、数個つける。 花期7-8月 分布北本州中部以北千畳敷カール
ミヤマキンバイ(深山金梅)




ミヤマゼンコ(深山前胡)
Coelopleurum multisectum
セリ科 多年草  草高50cm位。花序径12cm 赤色の葉柄の袋状の鞘が
同じ赤色の茎を抱いています。   ゼンコは、薬草の前胡の事。 千畳敷カール

ミヤマゼンコ(深山前胡)




ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)
Solidago virgaurea ssp.leiocarpa f. japonalpestris

キク科 アキノキリンソウ属 高山の乾燥した草原に生育する。
ミヤマアキノキリンソウは茎の頂端にまとまって花が付く。 千畳敷カール

ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)




ウラジロナナカマド(裏白七竈)
Sorbus matsumurana
バラ科 ナナカマド属
高さ1-2m ウラジロナナカマドはハイマツの斜面横で大群落となってむかえます。

ウラジロナナカマド(裏白七竈)




ミヤマアカバナ(深山赤花)
Epilobium hornemannii
アカバナ科アカバナ属 中部地方の高山の渓流沿い雪の残る岩の陰に見られる。

ミヤマアカバナ(深山赤花)
06/07/30ー木曽駒ヶ岳 千畳敷カールで撮影






Photo by Minnie