高山植物索引へ





木曽駒ヶ岳千畳敷カールの花



06/07/30  コマウスユキソウ(駒薄雪草)
Leontopodium shinanense
キク科 ウスユキソウ属
草本
亜高山帯−高山帯


日本のウスユキソウとしてはもっとも小さく、高さ10cm中央アルプス木曽駒ヶ岳の特産種
エーデルワイスに一番似ている花小さいので別名「姫薄雪草」のながある。中岳巻き道岩場

駒薄雪草
06/07/30木曽駒ヶ岳下巻き道

駒薄雪草



ミヤマシオガマ (深山塩竃)
Pedicularis apodochila

ゴマノハグサ科
シオガマギク属 北、本州中部以北 花期 7-8月 花色 濃い紅紫
花冠の長さ 1.5cm草丈5-15cm 生育地  高山の砂礫地近似種、四葉塩竃、
千畳敷カール
ミヤマシオガマ(深山塩竃)



ショウジョウバカマ(猩々袴)
Heloniopsis orientalis
 ユリ科 千畳敷
湿ったところに生えています。北海道、本州、四国、九州に分布  花期 5-6月  
花色濃紫色、淡紅色、白色など色の変化の多い植物です。花1−1.5cm 草丈10cm-30cm

ショウジョウバカマ(猩々袴)



チシマギキョウ(千島桔梗)
Campanula chamissonis
キキョウ科ホタルブクロ属 花7月−8月 花色は青紫色、稀に白色、
高山の砂礫地、岩場、草原に生える多年草高さ5−15cm 花の長さ3cm
 千畳敷カール
チシマギキョウ(千島桔梗)



ミヤマリンドウ(深山竜胆)
Gentiana nipponica var. nipponica
高さ、5-10cm 花径1-1.5cm葉5-12mm披針形上の樺より上部 花期 7-8月

花は筒状釣鐘型裂片の間に狭三角形の副片がある。 木曽駒ヶ岳山頂付近
ミヤマリンドウ(深山竜胆)



ヨツバシオガマ(四葉塩竃)
Pedicularis chamissonis var. japonica
ゴマノハグサ科シオガマギク属花期7-8月高さ15-60cm 花冠は紅紫色 花冠は、1.5 
花は短い総状花序となってつく。葉は4枚まれに、3−6枚づつ輪生し花は数段に離れて咲く

ヨツバシオガメ(四葉塩竃)



シナノキンバイ(信濃金梅)
Trollius riederianus var.japonicus
キンポウゲ科キンバイソウ属 高山帯の湿った草地に生える多年草。
花に見えるのは5個の萼片です。花弁は線形で、雄しべとほぼ同じ長さ。千畳敷カールを彩る

シナノキンバイ(信濃金梅)



コケモモ(苔桃)
Vaccinium vitis idaea
ツツジ科 スノキ属、5−20cmの落葉小低木白色で少し淡紅色の花を3−8個付ける

花は6−7mm下向きに咲く萼は赤く4裂する。花期6−7月生育地 高山 分布 北、本、四、九
コケモモ(苔桃)



タカネツメクサ(高嶺爪草)
Minuartia arctica var. hondoensis
ナデシコ科タカネツメクサ属 花7月−8月 1.5cm高山の砂礫地や岩場に生え、
高さ5cm群落でマット状に咲く。ツメクサの中では、一番大形で、花もしっかりとしています

タカネツメクサ(高嶺爪草)



イワツメクサ(岩爪草)
Stellaria nipponica
 別名オオバツメクサ
 
ナデシコ科ハコベ属 高山帯の岩場や砂礫地に生え、高さ5〜20cmの多年草。
イワツメクサ(岩爪草)
06/07/30ー木曽駒ヶ岳 千畳敷カールで撮影。







Photo by Minnie