高山植物索引へ




白山の花-b

マルバダケブキ(丸葉岳蕗)
Ligularia dentata
キク科
メタカラコウ属

花期7月−8月高さ0.5−1m花径約8cm総苞は紫褐色をおびる。葉は蕗に似て大きく直径約30cm
表面の光沢があり、縁はギザギザがある。山地帯 亜高山帯草原や林縁に生える。
白山三ノ越登山道

マルバダケブキ(丸葉岳蕗)

マルバダケブキ(丸葉岳蕗)




エゾシオガマ 蝦夷塩竃
 
Pedicularis yezoensis Maxim.  ゴマノハグサ科シオガマギク属
花期7−9月 高さ20-50cm 花長1.5-1.8cm葉3-6cm三角状長卵形上部葉腋に
黄白色の花を一個ずつ ねじれるように、房状に付ける葉は互生。 白山三ノ越登山道

エゾシオガマ(蝦夷塩竃)




ヨツバシオガマ(四葉塩竃)
Pedicularis chamissonis var. japonica
ゴマノハグサ科シオガマギク属
花期7-8月高さ15-60cm 花冠は紅紫色 花冠は、1.5 花は短い総状花序となる。
葉は4枚まれに、3−6枚づつ輪生し花は数段に離れて付く事が特徴、生育地北海道、
東北南部−中部地方の亜高山対の草地に生える。
白山三ノ越登山道

ヨツバシオガマ(四葉塩竃)





オレイジンソウ(大伶人草)
Aconitum gigas var.hondoense
  キンポウゲ 科 トリカブト 属  
高さ0.5-1m 花の長さ2.5cm 伶人とは雅楽を演奏する人のことで、
花の形が伶人の冠に似ている事から付けられた名鳥兜の仲間で有毒
花期 7−8月 亜高山帯の草地や林縁に生え分布 北海道本州中部以北。
甚之助避難小屋周辺に見られる。

オオレイジンソウ(大伶人草)





ミヤマセンキュウ深山川きゅう)
Conioselinum filicinum(チョウカイゼリ)セリ科 ミヤマセンキュウ属
花期8−9月 高さ40−80cm葉身は薄く、ほぼ三角形、葉身は長さ14−25cm
茎葉は2−5個。葉の先が鋭く尖る 大花序の径は10cm。糸状の小総苞片目立つ
亜高山帯−高山帯の草地に生える多年草、本州中部地方以北 黒ぼこ岩下

ミヤマセンキュウ(深山川きゅう)


ミヤマセンキュウ(深山川きゅう)の葉
ミヤマセンキュウ 葉




サラシナショウマ(晒菜升麻)
Cimicifuga simplex キンポウゲ科
高さ0.5-1.5m 花穂の長さ 20cm晒菜は 若芽を晒して食べることから言う
升麻はこの仲間の漢名 花期 8−10月 山地帯ー亜高山帯の林縁や草地に生える。

サラシナショウマ(晒菜升麻)





ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)
Solidago virgaurea ssp.leiocarpa f. japonalpestris

 アキノキリンソウ属
高さ20-40cm 花径1cm花は上部に集まる、名はベンケイソウ科のキリンソウに似て
秋に咲く花で。キリンの意味が不明という。8−9月高山帯の草地や道沿いに生える
 分布 本州中部以北・北海道 **山地帯のアキノキリンソウは穂状に花がつく**

ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)
 



マルバノリクラアザミ(丸葉乗鞍薊)
Cirsium norikurense var. integrifolium  キク科
 高さ1−1.5m 花径約3cm総苞片は長く反り返る、葉の裏に白い毛が密生する
花期8-9月山地帯、亜高山帯の林縁などの生える 葉が切れ込まない 別名ユキアザミ。

マルバノリクラアザミ(丸葉乗鞍薊)




キヌガサソウ(衣笠草の実)
Kinugasa japonica ユリ科キヌガサソウ属
高さ30-70cm 花径約6cm花びらのように見えるのは萼片はじめは白いが紅紫色から
緑色に変わる。葉は 8−12枚が輪生する。名はこの葉の形を、奈良時代 高貴な人に
差しかけた(衣笠)による。7-8月 亜高山帯、高山帯の湿った 草地や林縁の生える。

衣笠草の実




イブキトラノオ(伊吹虎の尾)
Bistorta major var. japonica タデ科イブキトラノオ属
高さ0.3-1.2 白から淡紅色を帯びる小花が密集し長さ3-6cmの穂になる
名は伊吹山、トラの尾は花の形から。 花期 7-9月 山地帯 高山帯の草地に群生する。

イブキトラノオ(伊吹虎の尾)


05/08/14−15白山砂防新道で撮影





Photo by Minnie