高山植物索引へ







金時山の花/ 2013/7月






富士山と岡虎の尾の群生!!
猪鼻砦跡の世界遺産/富士山と花!!





オカトラノオ (岡虎の尾)
Lysimachia clethroides サクラソウ科オカトラノオ属
野や山丘陵、日当たりの良いところ多い花穂が虎の尾のようです。
茎は60-100cm花穂の軸に白い毛がある。花穂10-20cm一方にかたよって白花を多数つける。
オカトラノオ(岡虎の尾)
オカトラノオ(岡虎の尾)
オカトラノオ(岡虎の尾)
2013/07/14






ハクサンオミナエシ(白山女郎花) 
Patrinia triloba オミナエシ科 オミナエシ属
高さ20-60cm 花径6-7mm 葉3-10cm掌状3-5中深裂、花期7-8月花冠は
5裂し基部に膨れたような、小さな距がある、花序は集散状 (別名コキンレイカ)

ハクサンオミナエシ(白山女郎花) 





カワラマツバ (河原松葉)
Galium verum var. asiaticum (アカネ科 ヤエムグラ属
葉は細く、8-10枚が輪生し、葉は厚ぼったくて光沢がある
葉の質が違うが、輪生した葉間の茎は短いが、初夏には節間が
長く伸びて花序が形成される。花は花弁は4枚−5枚、雄蕊は4本
カワラマツバ(河原松葉)
カワラマツバ(河原松葉)

カワラマツバ(河原松葉)
2013/07/14





ヤマブキショウマ(山吹升麻)
Aruncus dioicus var. kamtschaticus バラ科ヤマブキショウマ属
雌雄 異株の 白い線状の花が何本も伸びる。 葉が山吹に似ている

山吹升麻
ヤマブキショウマ(山吹升麻)

山吹升麻





フジアカショウマ(富士赤升麻)
Astilbe thunberbii var. fujisanensis ユキノシタ科 チダケサシ属
 草丈20−30cm 茎は赤紫色を帯び、葉は緑色で硬い感じがし、小葉の縁には重鋸歯がある。
 花の萼片は緑白色であるが、先端がやや赤みを帯びる。(神奈川、山梨、静岡)フォッサマグナの南部


フジアカショウマ(富士赤升麻)の葉






チダケサシ(乳茸刺) 
Astilbe microphylla ユキノシタ科
チダケサシ属
花期6-8月淡紅色花びら微小5枚花をつけ茎頂に円錐状に複総状
集まって付く花の大きさ3-5mm葉2-3回3出複葉付き方互生、直立







シモツケ(下 野)
Spiraea japonica バラ科 シモツケ属
日当りのいい草地や礫地に生え、高さ0.2-1m葉は1-8cm披針形、卵型また広卵型で先は尖る。

枝先に複散房花序に直径3-6mmの花を多数開く、花の色は濃紅色、淡紅色、白、花弁は5個です。

下野





シモツケソウ(下野草)
 Filipendula multijuga バラ科 シモツケソウ属
クサシモツケ(草下野)湿った草原から、湿原の周辺などに生育する。
6後半-8月にかけて美しい淡紅色の花を咲かせる。草丈は1m関東地方以西の・四・九
シモツケソウ(下野草)





ヤマオダマキ(山苧環)
Aquilegia buergeriana キンポウゲ科 オダマキ属
深山の林の縁や道端に生える高さ30-50cmになり。
花はしばしば紫褐色を帯びる。花径3-3.5cmあり茎の先につく、本州ー九州の草原

ヤマオダマキ(山苧環)





ナワシロイチゴ(苗代苺)
Rubus parvifolius バラ科キイチゴ属
落葉小低木、葉は3出複葉で互生し、小葉は卵形で円頭、縁に不規則な鋸歯がある
枝先や葉腋から集散花序をつけ赤紫色の花を上向きにつける、果実は赤熟し食べられる

ナワシロイチゴ(苗代苺)





タマアジサイ(玉紫陽花)
Hydrangea involucrata ユキノシタ科アジサイ属 
白色--帯紫色。中央に集まった小さな普通花には
花弁は5枚、蕾のときは白色で、開花すると、額紫陽花に見え
花期 8-9月と約1ヶ月遅く咲き始める。福島-岐阜の太平洋側

タマアジサイ(玉紫陽花)





アジサイ (紫 陽 花)
Hydrangea macrophylla form. macrophylla  ユキノシタ科アジサイ属 

アジサイ (紫陽花)





ヤマジサイ(山紫陽花)
Hydrangea macrophylla  Sea .acuminata ユキノシタ科アジサイ属 







オオバギボウシ(大葉擬宝珠)
Hosta sieboldiana  ユリ科ギボウシ属
花は昼に咲いくて花茎は0.6ー1mと高く、花穂も長い
古い葉柄の繊維が残り、下から多数の丈夫な根が出る
オオバギボウシ(大葉擬宝珠)
オオバギボウシ(大葉擬宝珠)

オオバギボウシ(大葉擬宝珠)





フタリシズカ (二人静 )
Chloranthus serratus センリョウ科センリョウ属
山地の林下に生える多年草茎は30cm葉は4枚、縁に細かい鋸歯がある。
葉の長さ8-16cm茎の先に数個の花穂を出し小さな白い花をつける。花期 4-6月分布(北-九)

フタリシズカ (二人静 )





ウツボグサ(靫 草)
Prunella vulgaris ssp. asiatica シソ科ウツボグサ属
北・九 高さ10〜30cm。茎は四角、茎、葉、花序に白い毛がある。
葉は対生し、長さ2-5cmの長楕円状披針形の花穂、紫色の唇形花を密につける横尾山荘







ヤマホタルブクロ(山蛍袋)
Campanula punctata var.hondoensis  キキョウ科ホタルブクロ属
 茎は高さは25cmほど、葉は互生し、長卵形で長さ3-4cm、萼片の付け根がもりあがる
「ホタルブクロ」で見られるがく片の間の付属物が無いことで見分けられる、花3cm の巾1.8cm

ヤマホタルブクロ(山蛍袋)
2013/07/14




Photo by Minnie & Mickey