高山植物索引へ






高尾山麓の花2013/4月!!






 2013/04/11
ヤマザクラ(山 桜)
別名(里桜)
Prunus jamasakura  
バラ科 サクラ属

日本の野生の桜の代表、関東以南の山地、葉は卵形で若葉は赤褐色・4月頃、新葉とともに
白色の5弁花を開き、赤紫色の実を結ぶ。花は小形で清楚。吉野山の桜はこの種。季語・春

ヤマザクラ(山 桜)
ヤマザクラ(山 桜)
ヤマザクラ(山 桜)
2013/04/11




タカオスミレ(高尾菫)
Viola yezoensis f.discolor スミレ科スミレ属

 高尾山で発見された菫で、表面がこげ茶色から、褐色の葉を持つ
ヒカゲスミレの一種(変種)少し大型の花をつける。花期4月―5月中旬

 丈5-12cm花は白色で花弁には濃い赤紫色の線が入り花弁に側毛ががある

タカオスミレ(高尾菫)
タカオスミレ(高尾菫)
タカオスミレ(高尾菫)
2013/04/11





マルバスミレ (丸葉菫)
Viola keiske  スミレ科スミレ属
 葉は卵円形長さ2-4cm
花は1.5cm-2.5cm側弁に毛がない「毛のある花は毛丸葉菫」
花は春に咲き、花色は白く唇弁に僅かに紫の筋が入るのが特徴です
マルバスミレ(丸葉菫)
2013/04/11





エイザンスミレ(叡山菫)
Viola eizanensis スミレ科スミレ属

葉の長さ3-5cm 葉が裂けているのが特徴 「比叡山に生える菫」の意味ですが
各地に見られる。日本特産種、花は大きく2-2.8cm、花色に変化が多い側弁は有毛、距は6-7mm太い

エイザンスミレ(叡山菫)
2013/04/11





タチツボスミレ(立坪菫)
 
Violaceae Viola grypoceras スミレ科スミレ属
人家付近から山地まで見られる。葉柄は長く丸みお帯びてぎざぎざがある
高さ5-15cm
葉は心形1-4cm
 花は1.5-2.5cm托葉は披針形で縁はクシの歯状に深く裂ける。花期3-5月
タチツボスミレ(立坪菫)
2013/04/11





セントウソウ(仙洞草)
Chamaele decumbens セリ科セントウソウ属
北、九山野のやや湿ったところに生えています。根生葉で、紫色を帯びた長い柄があり、
1-3回3出複葉です。3ー5月ごろ、花茎を伸ばして先端に複散形花序の白い小さな花をつける

セントウソウ(仙洞草)
2013/04/11





トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)
 Isopyrum trachyspermumキンポウゲ科 シロカネソウ属
 山地のやや湿ったところに生える多年草です。花は 1 cm弱であまり全開するときは少ない。

トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)
2013/04/11





ニリンソウ (二輪草)
Anemone flaccida キンポウゲ科イチリンソウ属
高さ10−20cm花期4−5月頃、2本の長花柄を出し白花を開く 北海道・本州・四国・九州に分布
ニリンソウ (二輪草)
2013/04/11





ヤマルリソウ (山瑠璃草)
Omphalodes japonica Omphalodes ムラサキ科ルリソウ属
山地のやや湿ったところに生える。 淡い青色の小さい花が咲く。

ヤマルリソウ (山瑠璃草)
ヤマルリソウ (山瑠璃草)
ヤマルリソウ (山瑠璃草)
2013/04/11





ミミガタテンナンショウ(耳型天南星 )
Arisaema limbatum サトイモ科 テンナンショウ属
林下などに生え、 春に開花してひょろと細長い茎と花。
葉が花より遅く 花が耳たぶ状になることから、名づけられる

ミミガタテンナンショウ(耳型天南星 )
2013/04/11





ツルカノコソウ(蔓鹿子草)  
Valeriana flaccidissima オミナエシ科オミナエシ属
 暖地の山地や丘陵やや湿ったところに生える、花は小さく
ピンクを帯びた花をつけます。地面の四方に長い蔓を出して繁殖する。

ツルカノコソウ(蔓鹿子草)
2013/04/11





マルバコンロンソウ(丸葉崑崙草)
Cardamine tanakae Franch. et Savat. アブラナ科タネツケバナ属
山地の木陰に生える越年草草丈10-20cm、葉は羽状複葉で小葉は3-7枚
全体に白色の毛が密に生えている花は普通白色の4弁花で総状花序に数個つきます。

マルバコンロンソウ(丸葉崑崙草)
2013/04/11





ミヤマシキミ(深山樒)
Skimmia japonica  ミカン科ミヤマシキミ属

3-5月に5-6mmの小さな花を多数付ける。雌雄異株で、シキミと同じく、秋の赤い実は大層有毒です。
ミヤマシキミ(深山樒)
013/04/11





ミヤマキケマン(深山黄華鬘)
Corydalis pallida var. tenuis  ケシ科キケマン属
林の縁など全体やわらかく、葉はしばしば茶褐色になる、数回羽状に深く裂ける茎は高さ
20-50cm、春先淡黄色の約2cmの花を多数つける。実は2-3cmの数珠状鞘  本(近畿以北)

ミヤマキケマン(深山黄華鬘)
013/04/11





ムラサキケマン(紫華鬘)
 Corydalis incisa Pers ケシ科 キケマン属
別名ヤブケマン 日本・中国 花は赤紫、白花もある

茎は真っ直ぐに立ち、高さは30-50cmほど。茎には複数の葉がつき
花期は4-6月で、赤紫色の長さ2cmでキケマン属は独特の三角錐状の花を咲かせる。
ムラサキケマン(紫華鬘)
013/04/11





Photo by Minnie & Mickey