高山植物索引へ







常念岳/7月の花たち !!

北アルプス


2011/07/16
クモマスミレ(雲間菫)
Viola crassa ssp. alpicola
スミレ科 スミレ属


花期 7-8月 花径は約1.2ー2cmタカネスミレの高山種 葉は毛がなく光沢あり
草丈5-10cm、葉の先が尖る、北・中央アルプス、岩礫地に生え、日本でもつとも高所に咲く菫
標高2500m以上の岩礫地 乾燥した斜面でみられ、駒草の生えている場所など岩陰で風を避ける
クモマスミレ(雲間菫)
クモマスミレ(雲間菫)
クモマスミレ(雲間菫)
クモマスミレ(雲間菫)
クモマスミレ(雲間菫)
2011/07/16





コケモモ(苔桃)
Vaccinium vitis idaeaツツジ科スノキ属
高山の生える、5−20cmの落葉小低木白色で少し淡紅色の花を3−8個付ける

花は6−7mm下向きに咲く萼は赤く4裂する。花期6−7月生育地 分布 北、本、四、九
コケモモ(苔桃)
2011/07/16




コマクサ (駒 草)
Dicentera peregrina  ケシ科コマクサ属
高山の代表的な花、パセリを思わせる葉の中から細い茎が出て
 先に花をつける。蕾の形が馬の顔に似ていることから付けられた。他の植物が生えない
場所に根を張り単独で群落を作る、花茎5-10cm 淡紅色2cmの花を2-7個つけます、花期7-8月
コマクサ (駒 草)




 クルマユリ(車百合)
Lilium medeoloides ユリ科 ユリ属
茎の中ほどにある 6-10枚 の車輪状の葉が付くのでこの名がある。
亜高山から高山帯の草原に生える花柄は上向きで、斜下向きに数個の花をつける。
花被片は朱赤色で、内に濃紅色の斑点がある、分布 山地帯・亜高山帯 北・本州近畿以北・四

クルマユリ(車百合)





ウラジロヨウラク(裏白瓔珞)
Menziesia multiflora ツツジ科ヨウラクツツジ属
山地、岩場、落葉低木。葉は楕円形で、枝先に輪生状につく、
裏面は帯緑白色淡紅紫色の花を枝先に、数個垂れ下げて咲かせる。別名 ツリガネツツジ
裏白瓔珞





ベニバナイチゴ(紅花苺)
Rubus vernus バラ科キチゴ属
花期 6−7月草丈1 m、花径1.5-2cm 葉は3-8cm広卵型、枝先に濃紅色の花を
一個下向きに付ける花弁は完全に開かない、実は食べられるが、美味というほどではない
ベニバナイチゴ(紅花苺)





シロウマチドリ(白馬千鳥)
Platanthera hyperborea  ラン科ツレサギソウ属
 高山帯の草地に見られる多年草。高さ30cm程度
葉は5-7個つき長さ5-9p一番下の葉が大きい。夏に開花
距は細くやや湾曲する。分布は北海道、本州(中部以北)
シロウマチドリ(白馬千鳥)
シロウマチドリ(白馬千鳥)拡大






ムシトリスミレ(虫取菫)
Pinguicula vulgaris macroceras タヌキモ科 ムシトリスミレ属
高い山の岩場湿った草原に生える食虫植物、根元の葉の部分が消化粘液を出し、薄黄緑色
の葉に虫をくっつけて消化する。 夏に咲く花は紫色「すみれ」の姿です。花期7-8月多年草

ムシトリスミレ(虫取菫)
ムシトリスミレ(虫取菫)
ムシトリスミレ(虫取菫)
ムシトリスミレ(虫取菫)捕食した状態
ムシトリスミレ(虫取菫)の葉と粒状粘液と虫)





ミヤマカラマツ(深山唐松)
キンポウゲ科 カラマツソウ属
30-80cm 花期7-8月 根元のはは普通1個複葉で長い柄があり小葉は長さ
1.5-8cm托葉は明らかでない花は白色又は薄紫色 直径約8mm 分布 北、本、四、九

ミヤマカラマツ(深山唐松)





ニッコウキスゲ(日光黄萓)
別名:ゼンテイカ(禅庭花)
 Hemerocallis middendorffii var. esculenta ユリ科キスゲ属
花期:夏 近種のキスゲ(黄萓)はユウスゲ(夕萓)ともいわれ、花の色が黄色く、
葉は萓笠を作るカサスゲ(笠萓)に似ているからとか。日光地方に多いため名つけられる。

ニッコウキスゲ(日光黄萓)





オオバミゾホズキ (大葉溝酸漿)
Mimulus sessilifolius ゴマノハグサ科 ミゾホウズキ属
花期7-8月 亜高山帯の分布 湿地ちょっと変わった形をした花冠が特徴下唇の褐色の
斑点が程よい、この花は群生するので登山者の目に留まりやすい。花の長さ2.5-3cm 葉柄がない。
似た花、ミゾホウズキ(溝酸漿)は葉に短い柄がある。

大葉溝酸漿





シナノオトギリ(信濃弟切) 深山弟切
Hyperic hypericum kamtschaticum var. senanense 

オトギリソウ科
 オトギリソウ属
高さ10−30cm花径2cm葉は対生し透かしてみると縁に黒点、
葉面に明点がある。花期7−8月亜高山帯、高山帯の林縁や道沿いに生える

シナノオトギリ(信濃弟切)





ヤマハハコ (山母子)
Anaphalis margaritacea var.angustior キク科ヤマハハコ属
30-60cmほど、葉は互生します。葉の裏には白色の綿毛が密生しています。7-9月頃
白い花弁のように見えるの、は総苞片が変化したもので、花は中の淡黄色の管状花です。

ヤマハハコ (山母子)





ハクサンチドリ (白山千鳥)
Orchis aristata ラン科ハクサンチドり属
高山の草地に生える、千鳥の飛ぶ姿に似る、高さ10-40cm
葉は3-6枚、長さ5−15cmで倒披針形基部は鞘になり茎を抱く
花期6−8月、花は房状で、茎の先端に付く、北、本、中部以北

ハクサンチドリ (白山千鳥)





グンナイフウロ(郡内風露)
Geranium eriostemon var. reinii フ ウロソウ科 フウロソウ 属
葉は大形掌状、5-7裂両面に毛が密生、花茎は上部で枝分かれ2.5-3cm淡紅色5弁の花を付ける

グンナイフウロ(郡内風露)





ウツボグサ(靫草)
Prunella vulgaris var. lilacina シソ科ウツボグサ属
 日当たりのよい野原・丘陵などに生える多年草です。茎の断面が四角形です。
 高さ20-30cm、靫というのは、花穂が弓矢を入れる靫に似ているためだそうです。

ウツボグサ(靫草)





タニギキョウ(谷桔梗)
Peracarpa carnosa var. circaeoides キキョウ科、タニギキョウ属
山地の木陰などに生える弱々しい多年草草丈10cm葉は卵円形縁に鋸歯がある
茎に先端に8mmほどの5深裂のかわいい鐘形の花をつける、白色、淡紫で上向き

タニギキョウ(谷桔梗)





ヤマブキショウマ(山吹升麻)
Aruncus dioicus var. tenuifolius
バラ科ヤマブキショウマ属
低地-高山帯の林縁、茎丈30-100cm雌雄異株
枝分かれした円錐状花序に、白色の小さな花を総状に多数つける。
葉は2回3出複葉で小葉は卵形で、質は薄く先はとがり、重鋸歯がある

ヤマブキショウマ (山吹升麻)





ミヤマシシウド(深山猪独活)
Angelica pubescens Var.matsumuraセリ科 シシウド属
高さ0.5-1.5 花序径10-20cm 葉2-3回出複葉、葉柄の基部が膨らんで鞘状になり
茎を抱く。花は複散形花序に多数つける。茎も太く力強い。和名は独活の花に似て
いため、Angelica(天使)に由来し本属の植物に薬功、著しいものがあることを意味している

ミヤマシシウド(深山猪独活)





オオバギボウシ(大葉擬宝珠)
Hosta sieboldiana  ユリ科ギボウシ属
山地の草原に生える多年草。花は昼に咲いく花茎は0.6ー1mと高く、花穂も長い。
地下茎は横に這って太く短く、古い葉柄の繊維が残り、下から多数の丈夫な根が出る

オオバギボウシ(大葉擬宝珠)





センジュガンピ(千手岩菲)
Lychnis gracillima Lychnis ナデシコ科 センノウ属
標高の高い山などに生える。夏の花。 日光の中禅寺湖西岸の
「千手ヶ原」に 自生していたのでこの名。 美しい花は千手観音のようです。本州中部以北

センジュガンピ(千手岩菲)





ミヤマカラシ(深山芥子)別名 山芥子
Barbarea orthoceras アブラナ科ヤマガラシ属
高さ15−40cm 花期6−8月茎の先に十文字の花を10-20個付ける
花が十文字で萼片、花弁とも4枚あるアブラナ科の特徴です。高山、深山 北 本州(中部以北)

ミヤマカラシ(深山芥子)





ヤマホタルブクロ(山蛍袋)
Campanula punctata var.hondoensis  キキョウ科ホタルブクロ属
 茎は高さは25cmほどで、葉は互生し、長卵形で長さ3-4cmほど。萼片の付け根がもりあがる。
「ホタルブクロ」で見られるがく片の間の付属物が無いことで見分けられる。花3cm の巾1.8cm

ヤマホタルブクロ(山蛍袋)







Photo by Minnie & Mickey