花木図鑑

sakura-4
山の大きな桜



ヤマザクラ(山桜)
別名(里桜)
バラ科 サクラ属

Prunus jamasakura  

日本の野生の桜の代表、関東以南の山地、葉は卵形で若葉は赤褐色・4月頃、新葉とともに
白色の5弁花を開き、赤紫色の実を結ぶ。花は小形で清楚。吉野山の桜はこの種。季語・春

山桜
07/04/07高尾山




カスミザクラ (霞 桜)
別名ケヤマザクラ
Prunus verecunda
葉と同時に花が咲く高さ15-20mにも達する。葉には葉柄があり、互生する。
ヤマザクラと混同されやすいが、葉柄に細毛があること、葉の先端がより尖ること、
生育地もヤマザクラより高いところを好み。開花が遅い、果実8-10mmのほぼ球形黒紫色。

カスミザクラ(霞桜)
カスミザクラ(霞 桜)
カスミザクラ(霞 桜)
08/05/17赤城山登山道 (野山の花をたずねて)赤城山編より




オオヤマザクラ (大山桜)
別名ベニヤマザクラ・エゾヤマザクラ
Prunua sargentii
 バラ科サクラ属
葉より先に咲く淡紅色の花弁は3-4cm花に芳香がある。山地には多く自生する。
高所咲く開花期5月自生地では樹勢が強く、樹皮は紫褐色で光沢がある。高さ20-25m

オオヤマザクラ (大山桜)
オオヤマザクラ (大山桜)
オオヤマザクラ (大山桜)
08/05/17赤城山大沼周辺




チシマザクラ(千島桜)
Prunus niponnicavar.kurilensis
ミネザクラの有毛の変種、温帯から寒帯の山地、高さ2−6m葉と同時に2cmの淡紅色、
または白色の花が咲く、葉の両面が有毛で、萼筒も有毛です。分布北、本、中部以北南千島、サハリン

チシマザクラ(千島桜)

2016/04/10箱根湿生花園






さくら1  さくら2  さくら3  さくら5  さくら6



Photo by Minnie
sakura4