花木図鑑





* 野 菊 集

キク属、シオン属、ヨメナ属
箱根湿性花園・神奈川県大和市泉の森・座間谷戸山公園他各地
2013更新中




カントウヨメナ(関東嫁菜)
Kalimeris pseudoyomena キク科ヨメナ属
山野・路傍に自生。高さ50-60cm。7-10月、淡紫色の頭花を開く( 3cm) ヨメナは、

西日本に分布・関東嫁菜は、関東や東北地方に見られるヨメナは、関東嫁菜と呼びます
関東嫁菜は果実の冠毛が極めて短い.くまるい・・・・・・関東嫁菜の茎に毛がありません。


2013/10/04 神奈川県自然環境保全センター





ユウガギク (柚香菊)
Kalimeris pinnatifida キク科ヨメナ属
葉は薄く下部の葉は羽状に浅くあるいは深く裂ける
枝先に3cmほどの花をつける、花期 7-10月、近畿以北
花色は薄紫−白 関東嫁菜より一回り小さく枝分かれします


2013/10/04 神奈川県自然環境保全センター
ユウガギクの下葉は羽状に中裂する。
ユウガギク (柚香菊)の葉
07/10/25神奈川県大和市泉の森





ミヤマヨメナ(深山嫁菜)
Miyamayomena savatieri キク科
花期5月下旬−6月下旬 本州−九州の山地の日陰に生える
多年草、ミヤコワスレはこの園芸種、箱根にもあるとされる。

2011/06/25 箱根湿生花園





シラヤマギク (白山菊)
Aster scaber キク科シオン属
高さ1-1.5m多年草花期8-10月茎や葉はざらざら毛が生え、花2cm
葉は、卵状心形で長い柄があり花びらは少ない。分布、北、本、四、九

シラヤマギク (白山菊)

07/10/23神奈川県立自然保護センター




シロヨメナ(白嫁菜)
別名(ヤマシロギク・イナカギク)
Aster leiophyllus  キク科 シオン属
山地の林縁。高さ50-100cm。花期 9-11月、白色の茎の先に枝を分けて咲く
花径2cm葉は長楕円状披針形、互生多年草舌状花は白山菊より多い。分布 本州ー九州、


2012/11/05 神奈川県自然環境保全センター





ノコンギク(野紺菊)
Aster ageratoides var. ovatus 
キク科 シオン属
葉の裏に毛が有りざらざらしている。そう果には冠毛がある。
花期8-11月
高さ50-100cm多年草, 花2.5cm平地や山地の林床 草原に自生、分布、本、四、九


2012/10/14山梨県伊奈ヶ湖周辺





ゴマナ(胡麻菜)
Aster glehnii var. hondoensis キク科 シオン属
高さ1-1.5m多年草花期 9-10月茎や葉は細かい毛が生えている花2cm葉は短い柄がある

長楕円形で、荒い鋸歯がある。茎の先に多数花をつける。分布、北、本、四、九 登山道、樹林帯


2011/09/18武尊山 登山道






リュノウギク(竜脳菊)
Dendranthema japonicum キク科キク属
花径3cm葉菊の葉に似ている、やや小型。
花期10月上旬-11月上旬福島以南の山野に箱根にも多い

リュノウギク(竜脳菊)
2012/10/20 箱根湿性花園





アワコガネギク(泡黄金菊)
Chrysanthemum boreale
 花期−秋 やや乾いた山麓や土手などに生える多年草です。
 密集している花が泡のように見えること、別名キクタニギク(菊谷菊)

アワコガネギク(泡黄金菊)

2012/10/20 箱根湿性花園





キノクニシオギク(紀国潮菊)
別名キイシオギク キク科キク属
Chrysanthemum kinokuniense (Shimot. & Kitam.) H. Ohashi & Yonek. 


PENTAX Q  F3.5 焦点距離8.5mm  01レンズ





ニジガハマギク(虹ヶ浜菊)
Chrysanthemum x shimotomaii キク科キク属


2011/11/17 大船植物園




ナカガワノギク(那賀川野菊)
Dendranthema yoshinaganthum キク科キク属
徳島県の那賀川流域と日和佐川の一部にだけ自生する、
川辺の岩場に生える野生の菊、花期 10月下旬−11月中旬。


2011/11/17 大船植物園





タカネコンギク(高嶺紺菊)
 Aster viscidulus var. alpinus キク科
 低山の深山紺菊の高山型変種で、南アルプスの亜高山帯ー高山帯の草地に特産する多年草です。

タカネコンギク(高嶺紺菊)
07/07/28谷川岳山頂付近





ヨメナ (嫁菜)
Kalimeris yomena キク科ヨメナ属
原野、関東型のカントウヨメナに対し西日本に広く分布する。
50-120cm葉は、厚くつやがあり、コヨメナとオオユウガギクのが
交配して出来たとかんがえられている。 種子とともに、地下茎でも繁殖する。

ヨメナ (嫁菜)
05/10/20神奈川県立自然保護センター(確定)





ハコネギク(箱根菊) 
Aster viscibulus キク科 シオン属 
別名ミヤマコンギク 花期8−10月山地の日当たりのいいところ生育
花色は白−淡紅色 小さめ 本州(関東・中部地方)分布多年草 箱根の道路沿いなどみられる。

ハコネギク(箱根菊) 
2012/10/20 箱根湿性花園




コンギク (紺 菊)
Aster ageratoides Turcz. subsp. ovatus キク科シオン属
野紺菊(ノコンギク)の濃い紫色に選別花「野紺菊夕映え」「野紺菊桃山」等の園芸種がある。

コンギク (紺菊)
07/11/13大和市ふれあいの森




ブルーデージー
Felicia amelloides
花期春から夏 青い花・白花もある南アフリカ原産・多年草葉に白斑のあるものもある。

ブルーデージー
箱根湿性花園  05/11/03 (確定)




アシズリノジギク(足摺野路菊)
Chrysanthemum japonense var. ashizuriense キク科キク属
ノジギクの変種で四国東南部に特産し、葉や茎に白毛が密生するため、全体に白っぽく見えます。

アシズリノジギク(足摺野路菊)
07/11/13 神代植物公園 (確定)





カワラノギク(河原野菊)
Aster kantoensis.
キク科 シオン属
絶滅の危険性が高い種であるとされています。
多くボランティア
が保護に当たっています。みんなで大切に守りましょう。花色白ー薄い青関東周辺の限り
河原の砂礫地群生する多年草。 茎はそう生し、高さ50cm内外。根出葉や下部の葉は花時に枯れ、
中部の葉は線形、長さ6-7cm。 花は4cm 花期10-11月。

カワラノギク(河原野菊)
カワラノギク(河原野菊)
カワラノギク(河原野菊)
相模川河原



Photo by Minnie