花木図鑑



秋の実集 !!
10月 −12月
関東の秋の実
2013-14更新中




ソヨゴの実(冬 青)
Ilex pedunculosa
 モチノキ科 モチノキ属
 
常緑中高木白く小さい集団花が咲き葉の長さ5cm冬の寒さにも強い半日陰ー日当り
広範囲の山に生える高さ3m−10mまで分布は本州中部以南、四、九州 花期6月 実10ー1月
ソヨゴの実(冬 青)
ソヨゴの実(冬 青)
ソヨゴの実(冬 青)
2010/11/19 綾瀬市蟹ヶ谷公園




ガマズミ(莢ずみ)
Viburnum dilatatum  スイカズラ科 ガマズミ属
結実期 9-10月高さ2-4m各地の山地に自生。葉はアジサイに似て小形で対生。枝葉に毛が多い。
夏、花径1mmの白花が多数集まる秋、小豆ほどの紅色の果実を結ぶ。若葉・果実は食用になる。

ガマズミ(莢ずみ)
09/11/24高尾山一丁平付近




フウリンウメモドキ (風鈴梅擬)
 Ilex geniculata モチノキ科 モチノキ属)
 落葉低木 ブナ林の林縁や谷筋、高さ5-6mで葉は薄く先端は伸びて尖る。
6-7月に長い柄のある花序を付ける。雌雄異株、花弁の長さは1.5−2mmで小さい
花序は葉の上に乗っているが、果実が実ると垂れ下がり赤く熟す。東北南部以南、本・四・九


2010/09/18 横尾谷−本谷橋間




オオヒョウタンボク (大瓢箪木) 別名「嫁殺し」
Lonicera tschonoskii  スイカズラ科スイカズラ属
樹高1-2m 花の長さ1.5cm、葉は4−10cm倒卵形、花期7−8月
葉脇から長い柄を出し花を2個つける、赤く実が熟し瓢箪型に合着する。猛毒です。


2010/09/18涸沢カール




カンボク(肝 木)の果実
Viburnum opulus var. calvescensスイカズラ科ヤブデマリ属
 花期 5月上旬−6月中旬主に北日本の山地に生える高さ 2m-7m
葉が 3 つに中裂している樹に咲く白い花は見分けが難しいのですが
葉の形が特徴的なのでわかりやすそうです。秋に真っ赤な実をたくさんつけます。


2010/09/18上高地、明神




マユミ(檀)の果実
E
uonymus sieboldianus  ニシキギ科 ニシキギ属 
高さ 2-4m 結実期10-11月 実直径 0.8-1cm  葉長さ5-10cmサーモンピンク果実に
種子が赤で取り合わせが個性的。雌雄異株の落葉低木高さ山では、10m近くになる。初夏に
淡緑色の小花を多数つけ、角ばった四裂の刮ハを結ぶ。熟せば裂けて 紅い種子をみせる。

マユミ (檀)の果実
09/12/01景信山山頂




コマユミ(小真弓)
Euonymus alatus  ニシシギ科 ニシシギ属
樹高2-3m葉は倒卵形または長楕円形。長さ2-7cm、幅は1-3cm 花期5-6月集散花序を出し、
果実は朔果、秋に橙赤色に熟す。葉は紅葉した後に散るが、実はしばらく付いている。果期9-11月

コマユミ(小真弓)
07/12/01陣馬山登山道




ニシキギ(錦木)
Euonymus alatu ニシキギ科ニシキギ属

 花期 春4月末 紅葉が美しい。実は秋に朱赤の実が見られる。
枝にはコルク質の翼が付くので、これをみるだけでニシキギであることがわかります。


ニシキギ(錦木)の実

09/12/08大和市泉の森




ノブドウ(野葡萄)
Ampelopsis brevipedunculata var. heterophylla 
ブドウ科ノブドウ属、ツル植物で藪や草原に生える
毒草ではないが果実はまずくて食べられない
花は夏に開き、雄しべも5本。果実は淡い紫色を経て空色に熟す。

2012/11/28 座間谷戸山公園



ウメモドキ(梅擬)の実
Ilex serrata  モチノキ科 モチノキ属
葉や枝ぶり、実の付き方が梅に似ているための名、若枝や葉の裏などに毛が
り、晩秋から初冬にかけて赤い実をつける。 花は6月頃、薄紫の雄花、雌花をつける。


2013/10/10 座間谷戸山公園




イヌウメモドキ (犬梅擬)
Ilex serrata form. argutidens Ilex モチノキ科モチノキ属
ウメモドキは若枝や葉の裏などに毛があるが、毛がないものがイヌウメモドキ
葉の形は葉は互生し、楕円形または披心形で、先端は鋭くとがり縁に細鋸歯がある


2013/11/09箱根湿生花園




ノイバラ(野茨の実)
Rosa multiflora Thunb バラ科バラ属
  落葉の低木 日当たりの良い場所に生育する。高さ5-6mになる、
普通2m位 葉は羽状複葉であり、葉は光沢がない。白い花は5月、秋に赤い果実が美しい。

2013/12/10大船植物園




イイギリ(飯桐)
Idesia polycarpaイイギリ科 イイギリ属
暖地の山林中に生える。高さ10-20m樹皮は白褐色で褐色の斑点がある。
葉はハート型で長柄と鋸歯があり、飯を包んだという。雌雄異株。五月頃大きな穂状の花をつけ
雄花は緑色、雌花は淡紫色実は南天に似て赤く落葉後も枝に下る。材で器具を造る。ナンテンギリ


2013/12/02 神奈川県大和市泉の森




ゴンズイ(権萃)の実
Euscaphis japonica ミツバウツギ科 ゴンズイ属
樹高3ー8m落葉高木、花は5ー6月、本年枝の先端に長さ15ー20cmの円錐花序を出し
黄緑色の小花をつける、日当たりの良い、やや乾燥した山地、林縁、本州茨城ー富山以西、四、九

2010/11/02 大和市泉の森





メギ(目 木)の実
Berberis thunbergii メギ科メギ属 
山地や丘陵や原野に生える落葉低木です。
枝や葉の付け根に鋭い棘があります。秋の終わり頃に実は赤く熟します。

メギ(目 木)  
2012/11/28 座間谷戸山公園付近




コムラサキ(小 紫)
Callicarpa dichotoma クマツヅラ科 ムラサキシキブ属
落葉低木 花が密集していて、葉も大きい4-6cm。秋の実は3mm、大きな集団になる
初夏、花は白から淡紅色。東海地方以西の本州から九南部にかけて自生する、園芸用にも

2012/11/05 神奈川県自然環境保全センター




ムラサキシキブ(紫式部)
Callicarpa japonica)クマツヅラ科ムラサキシキブ属
樹高2-3m落葉低木、各地の山地自生し、果実が紫色で美しい、葉は鋭尖頭で長さ6-13cmで対生
小紫より葉が大きい。花は淡紫色の小花がに柄があり散房花序をつくり6月頃咲く。秋に果実が熟す。


ムラサキシキブ(紫式部)

2012/11/16大和市泉の森




サルトリイバラ(猿捕茨)の実
Smilax chinaユリ科シオデ属
日当たりの良いやや乾燥した山地に自生し、雌雄異株で、4-5月に葉腋から
散形花序を伸ばし多数の花は淡黄色で、果実は直径 7mm 程度の球形の実で秋に赤く美しい。

サルトリイバラ(猿捕茨)の実

2013/12/07浜石岳





アオツヅラフジ(青葛藤)と紫式部
Cocculus orbiculatus ツヅラフジ科アオツヅラフジ属
葉は互生、少し光沢があり、卵形ないし心臓形で雌雄異株
果実はブドウのように青く熟して目立つ。核(種子)は扁平で円く、カタツムリの殻を思わせる


2013/11/16高尾山




ハダカホオズキ(裸酸漿)
Tubocapsicum anomalum
 ナス科  ハダカホオズキ属
真っ赤に熟した果実を多数吊り下げる・葉は広い楕円形で鋭く尖る花は葉の脇から黄淡色で8mm
短い鐘型、先は5裂し反り返る・アジアの熱帯、葉が厚く先が鈍い物をマルバハダカホズキと言う
生育地 山野 分布 本・四・九・沖  


2013/12/07浜石岳







ヤブコウジ(藪柑子)別名(十両)
Ardisia japonica ヤブコウジ科ヤブコウジ属)
暖地の丘陵地のやや乾いた林下でみられ10-20cm、常緑小低木で、秋には赤い実をつける。

2013/12/07浜石岳




トベラ(海桐花)
Pittosporum tobira トベラ科トベラ属
常緑低木。暖地の海岸に多く、高さ2-3m、4−6月白い花を密集して咲く。
雄花と雌花がある。雌雄異株、刮ハは1-1.5cmの球形3つに裂けて秋に赤い種子を出す。本・四・九

2013/12/10大和市泉の森




イヌホオズキ(犬酸漿)
Solanum nigrum ナス科ナス属
高さ30-60cm葉は6−10cm縁に波型の鋸歯が有る。花は白。7-10mmの球形のつやのない実
イヌホオズキ(犬酸漿)
2010/11/19 綾瀬市蟹ヶ谷公園




イヌツゲ (犬黄楊)
Ilex crenata Thunb.モチノキ科 モチノキ属
常緑低木 園芸種では、マメツゲとかタマツゲ、などと呼ばれている。
マメイヌツゲは、葉が丸く膨らんだもので葉の形はおわんのようでもある本州以南に分布する


09/11/02箱根湿生花園(確定)




クロウメモドキ(黒梅擬)
Rhamnus japonica var. decipiens
クロウメモドキ科 クロウメモドキ属
落葉低木です、雌雄異株で、
春に淡黄緑色の花をつけ。秋に6−8mmの黒い実をつけます分布 本州・九州の山地に生える


09/11/02箱根湿生花園(確定)



ムクノキ(椋の木)
Aphananthe aspera
ニレ科ムクノキ属
山地に生える落葉高木です。大きいものは高さ30mにもなる、葉は互生
葉が開くと同時に淡緑色の小さな花をつけます。果実は直径が 7−12mm前後で黒く熟す。

ムクノキ(椋の木)

09/12/07 大和市泉の森




ミヤマシキミ(深山樒)
Skimmia japonica  ミカン科ミヤマシキミ属
3-5月に5-6mmの小さな花を多数付ける。雌雄異株でシキミと同じく、秋の赤い実は有毒です。
ミヤマシキミ(深山樒)
07/11/24高尾山




シロダモ(白だも)
Neolitsea sericea クスノキ科シロダモ属 
別名はシロタブ、タマガヤ、高さ10−15mで半日影の育つ常緑広葉樹で
寒さに強い、葉は先が尖った細卵型、若葉のうちは黄褐色の絹毛があり、後で落る、東北以南
シロダモ(白だも)
2010/11/02 大和市泉の森




ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)
Solanum lyratum ナス科ナス属
 多年生のツル性植物、日本全国に生育する。森林との境界部分などに生育する。
夏から秋にの葉は3裂したものや、全縁(分かれていない)ものが多くなる。果実は液果、8mm
ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)
2010/11/02 大和市泉の森




シオデ(牛尾菜)
Smilax riparia var. ussuriensisユリ科 シオデ属
茎はよく分枝し巻ひげで他の物に、からみ伸びる、春 葉腋から散形花序を出し
淡黄緑色の小さな花をつけます。液果は黒く熟します。若い苗は山菜の王様です。

シオデ(牛尾菜)の果実

シオデ(牛尾菜)の葉
05/11/03 箱根湿性花園(確定)








Photo by Minnie